平成29年 秋 代表あいさつ

平成29年 秋 あきらかに違ってきている

 臨床精神科作業療法研究会
 代表 青山  宏

あきらかに違ってきている。自分自身、たかだか60年を超えて生きているだけなのに、そう思わずにはいられない。例えば、天候がそうだ。雨の降り方や寒暖の差、風の強さなどにそう感じる。大雨被害などの際の住民インタビューでは、「こんな降り方は生まれて初めて」と語られることが多いように思う。明らかに、この2,30年の間に何かが変わってきているように思う。単純に地球温暖化のせいだとは言わないが、何か変だと感じてしまう。

 人と人の関係に関してもそう思わずにはいられない。ちょっと前の頃より、自分と違う立場の人に向けた言葉や態度に棘棘しく非寛容なものを感じるようになってきた。ヘイトスピーチに見られるように、宗教、民族、立場が違うものを全く認めようともしないだけでなく、叩きのめしたいとの意思さえ感じる。人の話は聞かない。説明や合意は振り向きもされない。数の力で物事を強引に押し通す。都合が悪いことは全てフェイクニュースとされる。一国を代表する立場の人間さえ、互いに子供っぽい罵詈雑言を浴びせてよしとしている。

 街での人の振る舞いにも、違ってきているのを感じてしまう。多くの人がうつむき、手の中の四角い箱を見つめている。情報は満ち溢れているのに、今までの時代より、互いの会話や笑顔の交換も少なくなってきているのではないか。あきらかに違ってきている。
 
 そう思ってみてみると、当研究会で続けている症例検討は、いい意味で変わらない。ゆったりした時間が流れているように思う。気のせいだろうか。そうではあるまい。定例会、公開症例検討会で、1症例に3時間をかけて、じっくりと患者さんと作業療法士の相互の関係性を見つめていく取り組みは違ってきていない。臨床の症例に学び続け、対象者と作業療法士の相互の力と可能性、作業の力を信じ続けるという確かな共通の基盤が存在しているからだと思う。今後も、ギスギスした時代と世界の流れの中で、しっかり地に足をつけて活動を続けていってほしいと念じずにはいられない。






秋の研修会無事終了いたしました!!
多数の参加ありがとうございました。

平成29年度 秋の研修会のお知らせ (詳細)
       申込書はこちら(終了済み)
          <ダウンロード>
  ※非会員向け:会員向けには研究会通信と共に郵送されます。

期日:平成29 年10月7日(土)~8日(日)
会場:岩手県遠野市 たかむろ水光園
テーマ:「精神科作業療法と美」
 内容:
  10月7日(土)
  1)シンポジウム
   「作業療法と美」
     青山 宏(西九州大学 作業療法士)
   「精神医学と美」
     五十嵐 善雄(ヒッポメンタルクリニック 精神科医)
   「作業療法臨床における作業療法と美の発見」
     稲毛 義憲(東北福祉大学 
                                      せんだんホスピタル 作業療法士)
   「人との関わりと美」
     佐藤 知生(社会医療法人二本松会 
                                      かみのやま病院 作業療法士)

  2)民話語り部を聞く会

  3)懇親会

  10月8日(日) 公開症例検討会
    スーパーバイザー
     五十嵐 善雄(ヒッポメンタルクリニック 精神科医)
     青山 宏(西九州大学 作業療法士)

     
第188回 定例会報告 
平成29年5月13日(土)13:30~16:30   
会場:山形県 山形さくら町病院

発表者:石沢 正夫
司 会:渡部 賢一 記 録:佐藤 知生


宇野 都萌
医療法人杏山会吉川記念病院

作業療法士の研修会では、身体障害領域が中心になることも多く、精神科作業療法の事例検討や事例報告は少ないように感じておりました。今回、初めてこの研究会に参加させていただき、精神科作業療法の取り組み方について改めて勉強する機会をいただき、ありがたく思います。
 施設紹介では、目的に応じたグループ分けを行なっていることや、各グループでの取り組み、病院からデイケア、地域生活に至るまでの、法人全体の働きをご説明いただきました。一度見学させていただいたこともあり、イメージしやすかったですが、法人全体の大きさにまた驚かされました。病院から地域生活へ、それぞれのライフステージに応じて、必要なサポートが提供されていると感じました。当院でも、目的に応じた小グループでの取り組みに活かしていけないかと考えている次第です。
事例検討では、資料や発表から、自分が関わっている事例をイメージしながら参加しました。記載された評価結果だけでは捉えづらい部分について、実際の活動場面での様子や関わるOT自身の思いなど、なかなか意識していない部分についても深く考察がされました。数値だけで評価できるものだけではなく「にくにくしい」人間味のある評価が欲しいというご指摘もありました。今回学んだ取り組み、個人とのかかわり方を、実際に臨床でどのように活かすか、作業療法士としての関わりだけでなく、一個人としてどのように働いていくか、日々考えながら実践していきたいと思います。