平成28年度
   秋の研修会報告

     「精神科作業療法の評価:臨床に活かすコツ」 

 
 ◆日時:平成28年11月12日(土)・13日(日)
 ◆会場:東北福祉大学せんだんホスピタル 大会議室
            仙台市青葉区国見ケ丘6丁目65番8号 

 ◆プログラム
   11月12日(土) 
     13時受付開始

     13時30分~14時30分 
        講演「精神科作業療法の評価の視点(仮)」
          講師:渥美 惠美
          (東北福祉大学健康科学部教授 作業療法士)
     14時40分~16時40分 
        臨床事例を用いての演習

   11月13日(日) 
     8時30分受付開始

     9時~12時 
       公開症例検討会:
         「思考障害と認知機能障害により、
            環境適応能力が低下している事例」
          事例提供者 :鈴木 博行
         (川崎こころ病院 作業療法士)       
             スーパーバイザー:青山 宏
         (西九州大学大学院教授 作業療法士)



佐藤病
佐々木哲

 秋晴れののぞく中、二日間にわたって開催された研究会では40名を超える参加者が集まりました。『作業療法の評価』に焦点を当てたためか、非会員の方の参加も多く、日々の臨床で皆さんがいかに評価に悩み、重要性を感じているかが参加人数にもあらわれているように思いました。
 初日は渥美先生により評価のポイントを講演していただき、その視点を用いながら丹治先生の症例に対してグループワークを行いました。ICFを用いて他の先生方とディスカッションしながら対象者像を作り上げていく作業は、自身では思い付かない視点に気付かされることが多く、対象者のみならず、病名や家族、生活環境なども含めた全体像を整理し、見直す事の大切さを再確認する事が出来ました。
 翌日は鈴木先生の誠実さと、対象者を何とかしてあげたいという気持ちに応えるべく、質問や意見が多く飛び交う症例検討となりました。
 研修会や懇親会を通じて多くの先生方と接することで、“また明日から頑張ろう”というエネルギーをたくさんもらう事ができました。


 


第185回 定例会報告

期 日: 平成2893日(土)13301630
会 場: 福島県立矢吹病院

発表者:鳥越 隆弘
司 会:稲毛 義憲      記 録:磯目 智子

高野 恭平
南浜中央病院

 当日は非常に暑く、残暑が厳しい中でしたが、自然に囲まれた矢吹病院の中で、季節を感じながら、症例検討が出来ました。その中で、鳥越先生の発表を聞いて、他の参加者の皆様と意見交換ができ、終了時には、もっと鳥越先生の症例に触れていたい、まだまだ意見交換がしたい!と、場にいた皆さんが同じ思いだったように感じます。
今回の症例は、「ご近所トラブルから訪問支援を利用した認知症の女性へのかかわり」というタイトルの通り、ご近所の方からの声により、介入が始まったケースでした。病院生活においても患者様同士のトラブルなどに介入をすることがよくありますが、地域の中で起きている出来事で、なおかつ、ケースの行動の理由を、本人や地域の中、家族や周囲との関係など幅広く捉えて紐解いていくという地域ならではの様子を伺い、非常に新鮮な気持ちで聞くことが出来ました。
県立病院の役割を模索しながらも自らの実践について、試行錯誤することは、困難なことが多いと思います。しかし、今回のような地域の中での取り組みが、私の出身地でもある福島県を盛り上げ、地域の中でOTが、もっと活躍できる未来になってほしい。また、病院の中で働いている私も、地域に目を向けながら、日々の臨床を続け、その未来に関わりたい!もっと自分を高めていきたい!と改めて感じた一日でした。鳥越先生、本当に発表お疲れ様でした。
他団体のお知らせ

日本精神神経学会 第3回フォーラム
  「精神科臨床における多職種チームの活かし方」
~単剤化・低容量化における多職種チームの役割~

※仙台にて開催されます。

日時:平成28年11月27日(日) 11:00~15:35
場所:KTPガーデンシティ仙台21階ホールA-1

      詳細及び申し込みはこちら