平成28年度
   秋の研修会のお知らせ

     「精神科作業療法の評価:臨床に活かすコツ」 
 
「作業療法実施の視点や内容が定まらない」「報告書やサマリーのまとめに時間がかかる」「他職種にOTの意図がうまく伝わらない」。臨床の場でこんなことに困ることはありませんか? 
 対人援助はまずそのひとを「理解する」「知る」ことから始まります。精神科作業療法における援助の困難は、時に対象者とOTとの理解(わかり方)に原因があるのかもしれません。
今回の研修会では、障害や障害がある人自身の思いとその能力、環境を理解するための「精神科作業療法の評価」と「臨床の実践に活かすコツ」についてとりあげ学んでいきたいと思います。
 一日目は、「評価」に関する講義の後、実際の臨床事例を用いた演習を行って実践的な視点と方法を確認していきます。二日目は、精神科作業療法の事例を三時間じっくりと検討していきます。
 多くの方々と情報交換ができる貴重な機会にもなるかと思います。ぜひご参加ください。

 ◆日時:平成28年11月12日(土)・13日(日)
 ◆会場:東北福祉大学せんだんホスピタル 大会議室
            仙台市青葉区国見ケ丘6丁目65番8号 

 ◆プログラム
   11月12日(土) 
     13時受付開始

     13時30分~14時30分 
        講演「精神科作業療法の評価の視点(仮)」
          講師:渥美 惠美
           (東北福祉大学健康科学部教授 作業療法士)
     
     14時40分~16時40分 
        臨床事例を用いての演習

     18時~懇親会


   11月13日(日) 
     8時30分受付開始

     9時~12時 
       公開症例検討会:
         「思考障害と認知機能障害により、
            環境適応能力が低下している事例」
          事例提供者 :鈴木 博行
          (川崎こころ病院 作業療法士)       
             スーパーバイザー:青山 宏
          (西九州大学大学院教授 作業療法士)

        <詳細、及び申し込みはこちら>

平成28年度 定例研修会のお知らせ

第183回定例会 終了しました。
平成28年5月7日(土)13:30~16:30   
会場:岩手県 岩手県立磐井病院

第184回定例会 終了しました。
平成28年7月9日(土)13:30~16:30   
会場:仙台市 東北保健医療専門学校
              16:30~定期総会

第185回定例会 終了しました。
平成28年9月3日(土)13:30~16:30   
会場:福島県 福島県立矢吹病院

第186回定例会
平成29年1月21日(土)13:30~16:30   
会場:山形県 山形さくら町病院

第187回定例会
平成29年3月4日(土) 13:30~16:30  
会場:埼玉県 埼玉県立大学


臨床精神科作業療法研究会 役員一覧

      
氏 名 所 属
顧問 五十嵐 善雄 ヒッポメンタルクリニック
大丸 幸 北九州市障害福祉センター
比留間 ちづ子 若年認知症社会参加支援センター
代表 青山宏 西九州大学
事務局長 稲毛義憲 東北福祉大学
奥山典子 山形さくら町病院
酒井良隆 東北保健医療専門学校
今宮正彦 岩手県立千厩病院
鈴木真 公徳会佐藤病院
相澤祐一 仙台保健福祉専門学校
大橋秀行 埼玉県立大学
香山明美 みやぎこころのケアセンター
高橋敬三 村山医療センター
服部正仁
渡部賢一 公徳会米沢駅前クリニック
佐藤典子 下総精神医療センター
佐藤知生 上山病院
監事 渥美恵美 東北福祉大学
青木はつ江 群馬県立精神医療センター
第183回 定例会報告

発表者: 阿部 芳美    
司 会: 今宮 正彦      記 録: 佐藤 知生
酒井 良隆
東北保健医療専門学校

岩手県開催の定例会史上最多の参加者で開催された今回の定例会は、生活行為向             上マネジメント(MTDLP)の精神科領域における実践ということで、花巻病院の阿部先生に発表して頂きました。精神科領域での実践事例が少ない状況で、貴重な発表になりました。事例の検討ではパーソナリティ障害の様相が強く感じられ、家族の力動と本人の反応、支援者の本人への思いなど多方面から検討を重ねる結果となりました。
個人的には、今回の発表の第二弾もしくは精神科領域での他の実践事例を期待しております。